頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛、頭の痛み、偏頭痛を解消する

 

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きると、すぐに薬を飲んでしまうんですが。

 

薬を飲むと、しばらくして痛みがなくなります。

 

これの繰り返しのような。


 

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の原因があるなら変えたいし、痛みの理由を知りたい。


 

頭痛になる時には自分でも気が付かないで体調を落としている時です。

 

人と言うのは何かを感じないと悪いと思いません。

 

つまり全身の体調が落ちて、特に頭が痛くなっていると言うことです。


 

そうですよね。

 

頭が痛くなる時に、他は感じていませんから。

 

体調が落ちているなんて、思いもしません。


 

体調が良い時に痛みが起きるのはないと思います。

 

もし体調が良い時に頭痛が起きていれば、大変なことです。


 

良く考えれば、そうですよね。

 

頭が痛くなる時には、全身の状態が落ちて痛みだけが頭にある訳ですね。

 

でも、全身の状態が悪くなる原因はあるんですか??


 

特に痛みが起きる原因を上げると特別なことではなく、疲れやストレスの蓄積と眠りに問題があります。


 

疲れやストレスの蓄積??

 

疲れやストレスは何となくわかりますが。

 

眠り??

 

でも、私は、夜に寝たら朝まで目が覚めませんよ。

 

自分でもぐっすり寝ているつもりですよ。


 

多くの方が、あなたと同じように思っています。

 

眠りには不眠症と睡眠負があります。

 

不眠症は夜に寝ようとすると、すぐに眠れて朝まで目が覚めいないと。

 

だから眠れていると。


 

違うんですか??

 

自分では眠れていると思っていますが。


 

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

 

また、寝ている方の記憶は目が覚める少し前の記憶しか残りません。

 

睡眠負債は寝ようとすると、5分以内に眠れて、それからず~と寝ながら考え事をしている睡眠になって時々、夢を見ています。

 

夢は目が覚める前に見ることもありますから、寝ていると思っています。

 


 

本当の睡眠は脳が寝ていること、つまり熟睡です。

 

熟睡とは深い睡眠です。

 

1日に6時間の睡眠時間があっても、脳が眠ることができる時間は20分くらいです。


 

たった20分くらいなんですか。


 

そうです。

 

時間は研究者で分かれますが。

 

毎日は難しくても、熟睡ができていれば頭痛は起こりません。

 

疲れやストレスも8割減っていきます。

 

疲れやストレスは熟睡の時だけしか減りません。


 

つまり、ただ寝ていても疲れも取れないと言うことです。

 

熟睡ができていても2割が残ると言えます。

 

これが体の崩れを起こしていきます。


 

体の崩れが、頭痛、頭の痛み、偏頭痛になります。


 

 

北九州市小倉南区で頭痛・偏頭痛、頭の痛みを解消して痛みを楽にするためには原因から変えていかなければいけませんので薬を飲んだり痛み止めを使ったりということは構わないんですが原因を見つけ出すことから解消していくと生理痛が起きにくくなっていきます。
頭痛や偏頭痛や頭の痛みが起きる時にはどうして起きるのかということも考えなければいけませんが多くの方は痛みが起きたら痛み止めで緩和するという方法が一般的ですから原因が残ったままになっている場合がありますので痛み止めの薬を飲むことは構いませんが原因も考えなければ繰り返しやすくなっていきますし繰り返しながら進行していくということも考えてください。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛
本当に頭痛や偏頭痛、頭の痛みと言うと薬ばかり飲んでいて緩和している方が多くいます。 と言うかほとんどの方が薬で痛み止めで痛みが楽になっていくから、 それ以上のことを考えていません。

 

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるのは

  1. 頭痛、頭の痛み、偏頭痛になるのは、脳の緊張、硬縮、脳の弱り、疲労、ストレスの蓄積、疲弊などから起きています。
  2. 脳の緊張、硬縮、脳の弱り、疲労、ストレスの蓄積、疲弊が起きるのは、眠りに問題があります。眠りは気が付いていない方が多くいますが、目が覚めなければ寝ているとは言えません。
  3. まずは、体を整える事(頭を整える事、脳の循環を改善すること、筋肉、じん帯の問題を改善する事、首の痛み、首のコリを解消する事、肩こりを解消する事、脳を元気にする事など)。整えるには状態により数回かかります。
  4. 体質改善で眠りの問題を変える必要があります。

 

頭痛、頭の痛み、偏頭痛の方の主な原因

今まで多くの方の頭痛や偏頭痛を解消してきましたが検査をすることができますので検査をしてみると全員の方が眠りに問題のある場合が多くあり本人が気がついていない状態で眠りが浅くなっているということが挙げられます。
多くの場合目が覚めなければ寝ていると思っている方や不眠症の状態になっているのにわかっていないという方が多くいますので目が覚めるか、目が覚めないのかで不眠症なのか睡眠負債なのかで違います。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛

疲れやストレスと頭痛、頭の痛み、偏頭痛

つまり頭痛になったり肩こりになる時には疲れやストレスが多く溜まっています。
首の痛みや首のこりが起きる時には疲れやストレスが多く溜まっています。
眼精疲労が起きている時には疲れやストレスが多く溜まっています。
同時進行で起きているから肩こりから頭痛が起きているとか首の痛みは首のこりから頭痛が起きているとか眼精疲労から頭痛が起きているという感じで言われているわけです。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と疲れやストレス
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く満たされていき生み出された疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていきます。
普通一般的にも腰痛ではカタクリでも同じように疲れやストレスの蓄積が弱い部分に溜まることから骨盤の歪みや背骨のズレになっていき、痛みやコリを起こしていきます。
体調が悪い時には頭を触ると大きく張っている方もいますし炎症や腫れを起こしている方もいますしいびつになっているかと思いますのでそういう状態が起きていると流れも悪くなっていますので脳圧が上がった状態になっています。
脳圧が上がった状態になればなるほど、眠りも浅くなっていき頭痛や偏頭痛になってしまいます。
そして眠りが浅くなった時に肩こりと同時に頭痛になったりすることがあるわけです。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と疲れやストレスと歪みやズレ

眠りと頭痛、頭の痛み、偏頭痛

当院では検査することをしていますので眠れている方なのか眠れていない方なのかということを判断しながら矯正をすることができますので頭痛というのは肩こりから起きている頭痛や首の痛みは首のこりから起きてる頭痛や眼精疲労をから起きて頭痛と言われていますが多くの場合は別に存在するということで混同しています。
眠りというのは6時間の睡眠があっても脳が熟睡している時間を言いますので脳が熟睡している時間というのは6時間睡眠中でも30分以下になります。
つまり脳が熟睡している時間の30分よりも少ない状態のことを不眠症とか睡眠負債と言います。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛と眠り

不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

不眠症というのは夜寝ようとする時に、寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症の特徴でもありますし夢ばかり見て寝た気がしないということも不眠症の特徴になります。
不眠症が多くあればあるほど大脳は急激に弱っていき弱っただけではなく疲弊状態を起こしたり衰弱状態になってる方も多くいます。
不眠症と頭痛、頭の痛み、偏頭痛
不眠症の方を検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあり背骨がずれて方々状態になっているんですがそれを感じていない方までいますので感じていない方は脳内麻薬が多く出てしまい麻痺した状態になっているぐらいの方もいますので初めはうっかりしたり記憶にトラブルが生じたり物忘れが多くなるということから大きくなっていきます。
大脳が弱ってしまったり疲弊したり衰弱状態になったりすると脳幹まで影響を受けていますので生命機能の低下からいろいろな問題を聞い自律神経のバランスが崩れてしまい洗える症状が限界まで食べてしまわなければわからないということもあります。
最近はこういう状態の方が多くいますのでこじらせた状態になっています。

 

こじらせた状態の方は簡単に回復することもなく簡単に近道で回復させることはできません。

 

睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

睡眠負債の方は夜寝ようとする時に寝つきが良くすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くいるんですが睡眠負債というのは大脳が急用取ることができないくらい熟睡ができていませんので不眠症と同じような現象を起こしてしまうということがあります。
もし本当に良い眠りができているんであれば頭が痛くなったり頭痛になったり偏頭痛になることはありません。
目が覚めないからと言って寝ているとは言えません。
睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛
眠りが浅いということは大変なことを招いていきますので脳細胞の急激な減少も起きるでしょうしいろいろな問題を重ねて起きることもあります。
睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛と大脳

 

 

 

頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きるのは、多くの方があることが原因で起きています。しかし半数の方が気が付いてません。
多くの方が睡眠負債になっています。朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。
眠りと言うのは大脳が寝ている熟睡の事を言います。
夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。
不眠症でしたら、夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も目がさめるとかありました。
しかし睡眠負債は違います、寝ている本人が気が付くことがなく睡眠負債になっていることが多くあり、睡眠負債から脳疲労が起きていきます。
脳疲労から大脳が弱っていきます。大脳が弱ると緊張が強くなります。
これが頭痛、頭の痛み、偏頭痛になります。
頭痛、頭の痛み、偏頭痛でも単純な大脳疲労ではない、緊張所ではない頭痛も増えています。

  1. 頭痛、片頭痛の治療を受けた方の感想

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

ダルクなる、頭痛、頭の痛み、偏頭痛
最近は体調が落ちている方が多くいます。体調が落ちていたろ体力が足りないと回復するにも体力や体調を使いますから腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛み、小顔矯正、骨盤矯正をするときにも回復するにも体調や体力を使います。回復するのに足りない方が施術後にダルクなります。受けていると徐々に出なくなります。睡眠負債の方も起きることがあります。
【ここをクリック】ご予約・相談は093-962-9133  来院したい日にち・時間を決めて携帯番号を用意して、『ホームページを見た』 と言うか 『初めてです』と言って予約して下さい。ホームページを見たといって予約すると30周年記念で期間限定で初回5000円が3000円になります。今だけです。
当院では回数券を用意してます。回数券は10回券:25000円、5回券:14000円です。両方とも1年間有効です。
予約した時間を変更したり予定が変わった時には早めにお願いします。時間が空けば他の方が入れることもあります。無責任な連絡なしの無断キャンセルだけは お辞め下さい。無断キャンセルの方は次の予約は受けていません

※当院の施術をお受けになる方は顔に引くタオルをお持ちになると顔が痛くありません。施術台の顔の部分が固い場合がありますので、少しでも変える為にも。もちろんタオルをお持ちでないでもできます。洋服はスカートでもジーパンでも大丈夫です。ただし麻などの固い生地は避けて下さい。

頭痛・片頭痛には原因があります

当院は、30周年の整体とカイロプラクティックで北九州市の小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区はもちろんですが、周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町からも来られています。

40代の女性
頭痛が起きると痛み止めで改善していました。頭痛が起きるたびに頭痛薬を飲んでいましたが、こんなことで良いのか疑問を持って専門の外来がないか行きましたが、あまりよくなくて悩んでいました。
※病院ではあまり触りませんが、当院では頭を触ると、すぐにわかります。
この方も異常に頭が張ってブヨブヨしていました。ブヨブヨと頭のハリは違うものですが、この方は両方が起きていました。
表面上はブヨブヨで芯は硬いということです。
この状態が長いと脳疲労も起きています。脳疲労が起きただけでも頭痛になります。この方の場合、それ以上のことが起きて頭痛になっています。
この頭痛を改善していくためには、脳への血流から良くして脳へ酸素、栄養成分を送るようにしていきますが、急激にしていくと良くないので徐々に血流が良くなるようにしていきました。
そうするとブヨブヨが少し取れてきました。
これからもっと頭痛になっている原因を取り除いていきたいと思います。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛や片頭痛が起きるのは脳の疲労に関係しています。脳疲労が起きると脳は緊張したり、炎症起こしたりしていることが多くあります。
頭痛薬などの痛み止めは、直している訳ではなく、痛みを一時的に止めているだけです。
頭痛が起きる時には、頭痛になる原因があります。その原因から改善することをしていかないと、大変なことになる方もいます。
頭痛は何も原因がなくて起きる事はありません。
頭痛が起きるのは多くの場合原因があります。この原因の為に、頭痛が起きる訳ですが、薬などを飲んで楽になったからと言って直ったと思わないで下さい。
薬を服用して一時的な痛みだけを減らしたら直ったか、と言うと直っていません。あくまで薬は一時抑えです。しかも繰り返し起きる方は原因があります
薬で抑えている間に原因は進行して悪くなっていきます。今頭痛が起きていないからと言って安心しないで下さい。
頭痛が起きていない間も悪さは進行しているのが現実です。
病気になるまで病院で検査しても異常は見つからないことが多くあります。検査して異常があれば病気に進行しています。
なにも原因がないのに頭痛になることはありませんので。
当院の施術は、頭痛を原因から解消する施術です。個人個人違う頭痛の原因を見つけていく為には定期的に来院していないとわかりません。
と言うのは初回の方は色々な部分のバランスが悪くなっているからです。そのため特定が困難ですから、施術をして軽いものから減らすようにしていくと原因が特定できるようになります。

頭の痛み

頭の痛みや偏頭痛が起きるのは原因があります。この原因があるから繰り返し頭痛になります。一時的に抑えられる薬などに頼らず原因から解消していく事をしていく事をお勧めしています。
それには理由があります。最近見たテレビの放送で頭痛持ちの方は、脳こうそくになる確率が高いと言っていました。この脳梗塞になる確率が高いと言うのは、もっともだと思います。
当院では、今現在、頭痛が起きている方も来院されます。しかし、その時には、今起きている頭の痛みを楽にすることからしていくことと、体調から上げていく事をしています。頭痛になるときには、脳や体にストレスが多くたまっています。

頭痛

頭痛には原因があります。この原因を変えていく為には、まずは、体調から施術して体調を上げていく必要があります。
最近の頭の痛み、頭痛、片頭痛の方の場合多くの方が脳が弱っていることが多くなっています。脳が弱ると言う事は、原因があります。何も原因がなくて頭痛などが起きる事はありません。ほとんどの痛みやコリなども原因があります。
頭痛には頭痛の原因がある
頭痛が起きている方の共通点は、頭が張っているか、ブヨブヨしている方です。
だた、頭を触っただけでは、わかりにくいですが、わかる触り方をすれば、すぐにわかります。
いくら頭が張っていても、ブヨブヨしていても病気ではありません。ほとんどの場合、検査してもわからない場合で色々な症状が起きています。検査で、わかったら病気になっています。その時には進んでいます。

時々頭の痛みが

時々、頭の痛みが起きて頭痛薬を手放せない方が多くいます。いつも頭痛薬を持ち歩いている方ですが。頭痛薬を飲めば、いつの間にか頭痛が消えていると言う感じですが、そんなことで良いですか??と問いかけたいくらいです。原因を考えて見ないで、一時的に痛みだけを抑えることをしていると、脳や脳血管なども影響受けています。
今は病気ではないけど、先将来の病気になることが多いのが頭痛です。先将来の病気ですから、今は調べても異常はなしだと思います。
もう一つ原因として考えられるのが、眠りです。
良い眠りをしているかと言う事です。
ただ、単に横にってスースー寝息を立てていれば寝ていると思うのは、違います。

眠りが浅いと頭痛

寝ているけど、夢ばかり見ていたり、最近、特に多いのが、寝ながら考え事をしている状態です。眠るときも、脳が芯から深く寝ていないと、脳は、緊張する事が当たり前です。ただ、脳の軽い緊張でしたら、短期で収まります。
しかし、緊張状態が長く続くと、脳は疲れをためていきます。脳の疲れが、多くなって疲れが蓄積すると、今度は疲れを通り越して、疲労になります。
つまり、
脳疲労ですね。脳疲労の状態が長いと、脳はドンドン、弱っていきます。これが頭痛の第一歩です。脳の疲労状態になると、眠りが、もっと浅くなります。寝ていても、浅い眠りしかできなくなります。
筋肉疲労から頭痛、頭の痛み、偏頭痛など

寝ているつもりでも頭痛

浅い眠りしかできない時間が多いと、脳は衰弱段階に入ります。
衰弱段階に入ると、強いうずくような頭痛が頻繁に起きていきます。
頭痛や片頭痛と頭が重くなったり、目の奥が痛くなったりします。
軽いうちはバファッリン、セデス、ノーシンなどの鎮痛剤で収まります。
鎮痛剤は、あくまでの原因を変える事はできません。頭痛を抑える鎮痛剤は、一時しのぎ、一時押さえです。原因が風邪やインフルエンザではないので、原因は、残っています。

夢ばかり見る 寝ながら考え事をしている

良くバッファリンなどを、持ち歩いているという事を聞きますが、それは、一時押さえだからです。根本から変えていくと、頭痛が起きなくなる施術をすることができます。
頭の痛みを改善するなら
根本から変えていくには、まず体調から良くしていく事をしなければなりません。
ほとんどの場合、体調が悪いからです。
体調が悪いと、体調の悪さになれてしまって、わからなくなる方もいます。
必ず、頭痛や片頭痛には、原因があります。
当院の施術は,、原因を追及していく根本的な療法です。 
このため体全般から原因を探して、その人の頭痛の原因を探して、変えるやり方です。

頭痛

頭痛を原因から変える方法だから安心
頭痛や片頭痛の方は、眠りが浅い方ほとんどです。
眠りが浅いと、脳の働きが弱っています。
脳が弱ったことを脳疲労と言います。
脳が、だんだんと弱って脳を包む髄膜などに炎症が起きて頭痛になります。
ズキズキする頭痛は脳疲労から起きています。
頭の痛みは共通点は、眠りが浅い方です。
眠りと言っても、ただ単に寝ているだはなく、熟睡です。
本人には、眠れていないでしょと言うと、即答で眠れていますと言う方がいます。
考えてもみないで、即答ですね。なぜ、眠れていないと言うのか、疑問に思うことも大事です。
眠れていれば、頭痛は間違いなく起きません。頭痛などの症状が起きるのは、眠りができていないからです。
眠れていれば回復して、元気になって痛みやコリは起こりません。本当の眠りとは疲れが取れる眠りです。

つまり熟睡です

脳まで休める睡眠が熟睡になります。
脳までしっかり休んで回復すれば、頭痛は起こらないと思うます。
脳が緊張したり、圧迫されたりすることもありません。
肩こりや首のコリが起きている方も、肩こりや首のコリから起きる事はマレです。目の使い過ぎと言う事もありますが、目でしたら目だけです。脳まで、来ることはあまりありません。
目と使う時には、肩や腕を使っています。使うとコリを起こします。肩や腕を使うとコリが起きます。これは使いコリです。
脳まで披露していると、頭が重たく感じます。目の疲れやすくなります。
首の凝ってコリが強くなると痛みになります。脳がすべてを支配しています。
体が弱っているときには鈍感になる方もいます。自分の体調がわからない方もいます。
マヒして悪いオーラを、まき散らす方もいます。整体をしていると、売込みなどの来客がきますが、ほとんどの方が、悪いオーラを出しています。
頭痛や片頭痛の改善は、体調を上げて良くしていきます。
脳から元気にしてのうが 弱り過ぎると炎症を起こしますので。
炎症を減らしていく施術をします。
脳にたまった老廃物も流れが良くなるようにしていきます。
脳へ酸素や栄養が、いきわたるようにします。脳脊髄液の生産量を増やしていきます。まず、こういうところから始めて脳を元気にしていきます。
脳が元気になると、頭が小さくなります。いびつな頭の形が丸くなります。
小顔にもなっていきます。1回でどれくらい脳が元気になれるかは、脳の疲労状態により違います。
ひどい方ほど回数がかかります。脳が現身になると、体も調子が良くなっていきます。

頭の痛みには

一般的には、脳関連で頭痛、頭がボーっとする、頭が痛い・頭が張るなどが起きますが、例外もあります。
それは内臓は脳で支配されています。正確には自律神経を介して脳幹です
脳の疲労やストレスがたまると、内臓も弱っていきます。脳と内臓の弱りの繰り返しが、深みにはまる原因にもなる方もいます。

頭痛は

頭痛が起きている所は脳ですが、内臓からも起因している場合があります。
脳が暴走すると、不眠症、うつ、パニック障害、不安神経症、心身症などが起きる可能性が増えていきます
※ 施術法は、脳を元気にしていく方法で改善していきます。老廃物も流れやすくなるように、炎症が軽くなるようにしていきます。脳への栄養と酸素の供給が、しっかりできるようにしていきます。
脳にたまったストレスを軽減していく事をしています。元気なバロメータである脳脊髄液の生産量が増えるようにしていきます。
脳がしっかりすればするほど、頭痛などの色々な症状は軽くなります。脳を元気にしても、良くならない症状や繰り返しやすく場合は体質改善の施術があります。

頭の痛みを体質改善で改善

当院には体質改善 アンチエイジング 若返りの施術法もあります。
体質改善 アンチエイジング 若返りは当院だけの最新の施術法ですので、他の所ではしていません。
体の中から施術できる整体やカイロプラクティックは多くありません。
ボキボキすることは、刺激を加えているだけです。骨をボキボキするのは、矯正ではなく『刺激』です。
実際に、骨は動いていません。(テレビの堺正章の世界一受けたい授業で実証済み)
一般的に骨を矯正できていると思っている方がいますが、骨の矯正は、できていません。当院も初めは、内臓の施術ができない時にボキボキしたり、電気などの器具を多く置いていました。内臓の施術ができない方が、筋肉をほぐしたり、ボキボキしたり、電気をしています

 

痛みやコリなどの諸症状は、体の中に原因があります。( 内臓に )当院の特徴は、身体を強く変えていく事ができる体質改善 アンチエイジング 若返りの施術法ができることです。北九州で30周年のカイロプラクティック徳力整体院は頭痛と片頭痛を変える事が出来る施術です。
免疫力

当院に頭痛で来院された方

20代の男性の方
今まで頭痛薬を持ち歩いていました。ネットで見つめて、ものは試しと受けてみました。  先生から脳がすごく弱っていると言われて、自分でも実感がなかったのですが、先生から頭を触られて、  押されるとブヨブヨ感がわかりました。   脳が弱っていてブヨブヨしているのは、眠りが浅いからですよと先生が言うので、自分では寝ているつもりでした。   夜中にも起きないし、睡眠時間は6時間はあるしと思っていると、先生から時間ではなくて眠りの質です。  と言うのでそういえば、寝ているけど夢が多いような感じがしていました。   今では薬は持ち歩いていません。   ありがとうございました。

 

 

最近は多くの方が眠りが浅くなっていますが、気が付いていません。
睡眠負債と睡眠障害

page top