更年期障害

  • はてなブックマークに追加
  • 更年期障害を解消していく為には原因をみつける為にも体調から上げて原因を見つけ出すことをしています。北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院
更年期障害

更年期障害を楽に

更年期障害の症状

ダルイ、のぼせ、冷え、多汗、腰痛、肩こり、だるい、たちくらみ、耳鳴り、手足のシビレ、関節痛、めまい、頭痛、イライラ、不安感、不眠などです。

50代に限らず30代の方も更年期障害にありますし男性も更年期障害になります。

50歳前後の女性が閉経前後に体調が悪くなることを言います。主には閉経によるホルモンのバランスで諸症状が起きる時に、病院で検査すると異常がなく病気ではない状態で起きてしまうのが特徴です。

自律神経失調症と更年期障害はあまり差はありません。年齢だけが自律神経失調症と更年期障害の差になります。

閉経を迎える年齢になっていれば更年期障害と良い、それ以外では自律神経失調症と言います。

更年期障害になると顔ののぼせ、ほてりなどが起きたりすることが更年期障害の代表的な症状と言われています。

あとは冷え性、腰痛、肩こり、疲れやすい、ダルイ、動悸、情緒不安定、イライラする、眠りが浅くなり眠れない、倦怠感、胃が痛い、胃の持たれ、うつ、不安感、意欲低下、などなど色々あります。

一般的には45歳から55歳くらいの方の症状のことを言います。閉経が起きる前後の10年くらいの症状で検査しても異常がない場合につくのが更年期障害です。

主には女性ホルモンであるエストロゲンの量が低下した状態が起きると、起こる症状が更年期障害です。

卵巣から出るホルモンであるエストロゲンが20代から30代をピークであとは下がっていきますから、閉経を迎える時期になるとホルモンのバランスが崩れて起きる症状です。

エストロゲンの分泌には脳の視床下部にある脳下垂体と言うのがありますが、脳下垂体は体にあるホルモンの親分です。脳下垂体が各ホルモンに命令を出して働かせることをしています。

しかし、いくら下垂体から命令を出しても分泌が行われず卵巣の機能の低下でエストロゲンは分泌されなくなります。

分泌されないため、さらに下垂体は分泌の指令を出しますが、なおかつエストロゲンの分泌は行われません。

このため脳に混乱が起こります。視床下部は身体の色々な部分を支配している自律神経にも関係してコントロールしていますから、混乱が自律神経にも伝わり、ノボセや冷えなどの色々な症状が起きていきます。

と色々説明していますが、当院の院長である私が現場で検査していると色々なものが違うように思えます。

更年期障害になるのは

更年期障害になるのは原因がありますから、原因を検査してみると原因が確認できるようになります。

普通は更年期障害というと病院の診断で更年期障害と言われますが、病院は病気の専門家ですから病気としてなら病院の専門分野です。

しかし更年期障害は自律神経失調症と同じように病名であって病気ではありません。

ですから多くの病院では病気らしいものではないので、根本的な解消法はありません。

主には安定剤、痛み止め、胃薬などが処方されます。

更年期障害は体調から起きています。体調と言うのは疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスと言うのは限界なく蓄積していきます。

疲れやストレスが身体に蓄積していくと骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

疲れやストレスの蓄積が多い方は体調が悪いと言います。体調は落とせば落とすことができ際限なく落ちていきます。

毎日の生活や仕事や家事などでも多くの疲れやストレスがたまりますが、唯一、疲れやストレスを減らすことができのは寝ている時だけです。

しかし更年期障害になると眠りが浅くなります。つまり寝ているように思っていても眠れていません。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。もっと厳密にいうと身体は寝ているけど脳は寝ていないと言う事です。

昔でしたら寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜中に目が覚めてしまうと1時間も2時間も眠れないととか、色々な方が不眠症でした。しかし最近は夜に寝ようとすると、すぐに眠れるけど朝まで目が覚めない方の不眠症の方がいます。

睡眠負債状態なんですが、体は寝ているしスースー寝息を立てているけど、脳の中は活性化しています。

だれが見ても寝ていても眠りが浅い睡眠では疲れやストレスは解消しません。

減らないうちに眠りが浅いからさらに疲れやストレスがドンドン増えていきます。

眠ることで疲れやストレスが増えていきます。寝ることで疲れていきますから。

寝ながら考え事をしている睡眠が多いと睡眠負債になり睡眠障害に進行していきます。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳を弱らせていきます。脳が弱れば眠りが、さらに浅くなります。

脳が弱れば脳幹も弱ります。脳幹が弱れば視床下部も弱っていき自律神経が乱れてきます。

脳下垂体ホルモンも正常には機能しません。

これが更年期障害です。

更年期障害とは

 

体調から上げること

元来、体調を上がる治療と言うのはありません。点滴しても注射を打っても体調は上がることはありません。

サプリメントでも焼肉でもウナギでも体調は上がりません。

体調を上げるには体を調整していくしかありません。

落とせば落とすことができるのが体調です。体調の落とし方に限界はありません。

身体に多くの疲れやストレスがたまっていくと骨盤の歪み・背骨のズレが起こりますが、骨盤の歪み・背骨のズレがあるからといって痛みやコリになるとは限りません。

骨盤の歪み・背骨のズレは程度というか段階があります。

ひどくならないと痛みやコリになりません。また眠りが浅い方は痛みやコリとして感じません。

例えば体重が100キロの方がいるとしたら60キロから70キロが水分です。あとの残りは骨の重さ、筋肉、じん帯の重さ、神経、血管、リンパ管、皮膚、脂肪の重さと、あとは内臓です。

疲れやストレスがたまる所は内臓です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓に多くの疲れやストレスがたまることで骨盤の歪み・背骨のズレになります。

卵巣に疲れやストレスがたまると腰椎の3番目がズレています。

子宮に疲れやストレスがたまると腰椎の5番目がズレています。

ホルモン系の副腎に疲れやストレスがたまると胸椎の9番目がズレています。

もちろん骨盤も歪んだり開いたりしています。

しかも弱い内臓に疲れやストレスが多く蓄積していくことが多くあります。

弱い内臓に疲れやストレスが多くたまると内臓が急速に働きが落ちていきます。

これが病気につながることもあります。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから更年期障害を楽にしていく為に多く方が訪れています。