肩こりを楽にするなら

北九州市小倉南区で肩こりを楽にするなら原因から解消している徳力整体。

肩こりを楽にして行くなら、色々な治療法があると思いますが 当院では原因から改善していくようにしています。

どうして肩こりが起きるのかという、理由があるから肩が凝るわけですから表面上残りだけを、改善することはもちろんなんですが、コリばかり改善しても原因が残ったままになっていますのでも取りやすく繰り返しやすくコリを感じていない時も原因は進行していくという怖さがあるんです。

肩こりとは

肩こりと言うと、どうしても筋肉のこりというイメージが強い場合がありますので筋肉のコリばかりほぐしていることがありますが筋肉のこりだけで起きている肩こりはありません。

肩こりを楽にすることをしている治療法が色々あるんですが湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり 漢方薬を飲んだり薬を飲んだり 家族とかたりマッサージをしてもらったり肩を叩いてもらったり、専門家の先生に マッサージをしてもらったり低周波治療器や鍼灸をしたり、指圧をしたりすることが多くありますが表面上残りばかり注目してしまい原因を見つけ出すことも検査もしていません。

肩こりというのはどうして起きるのか原因があるから起きているわけですから体の何かの異常が起きていてコリを起こしている場合がありますので、単純な筋肉の緊張や筋肉疲労や筋肉が、一時的に硬くなることだけで起きていることはないと思いますのでしっかりと考えなければいけないと思います。

筋肉のコリ

肩こりと言うとどうしても筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のコリばかりほぐしていますので、確かに筋肉のコリを揉んだりマッサージしたり色々な治療をすると楽になることがありますので、原因も分からずに原因を探すことがなく筋肉のコリばかりほぐしている治療ばかりです。

筋肉のこりというのはどういう意味かと言うと筋肉の緊張だったり筋肉疲労だったり筋肉が一時的に硬くなる現象のことを言いますが、筋肉が一時的に硬くなることを説明すると一過性ではないこともありますので永久的に固くなっていくということもあるからです。

筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから背骨がずれたりすることが一般的に、多く見受けられますから背骨がズレると、筋肉は引っ張られたり緩んだりしていきますから緩んだり、引っ張られたものがそのままでいることはありませんので筋肉は徐々に硬くなっていくということが起きてしまいますので筋肉が一時的に硬くなる現象のことを老化と言います。

筋肉も老化して硬くなる

筋肉も引っ張られたままだと固くなっていくということが起きますので一時的なものではなく、永久的に何をしても、柔らかくなることがないレベルの筋肉が老化するということが本当に起きて行きます。

筋肉が硬くなってしまうと電気をしてもマッサージをしても湿布を貼っても柔らかくなることもなく、整体院やカイロプラクティック院で行っているボキボキすることをしても柔らかくなることはありませんので唯一できる方法は体質改善という治療のみです。

筋肉が硬くなるということは大変なこと

筋肉が老化して硬くなるということはいろいろな筋肉で起きて行きますので年齢に関係なく筋肉が硬くなるということは 誰でもあるものですがそれが異常に背骨のズレや歪みが起きていると進行状況が早くなっていきます。

筋肉が硬くなればなるほど神経的な麻痺が起きるかと思いますので肩が凝るような現象が起きていてもコリを感じていない方も多くなっています。

筋肉が硬くなる現象も感じるかと感じない方に分かれてしまいますのでよく患者さんが筋肉が硬くなっていても感じなければいいですねと言われますが逆に大変なことが起きていき中に入っている神経や血管もそのままではいられません。

筋肉が硬くなる時には神経や血管も固くなっていきますので握力が低下したり手がこわばったり血行不良が起きて筋肉が萎えていくということが起きてしまうからです。

コメント