小顔矯正で顔小さく

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正を北九州市小倉南区でしているんですが今まで30年間、小顔矯正をしてきて全員の方が顔が小さくなっている事で人気があります。

小顔矯正とは

顔を小さくするときには当院では自分でわからなければ意味はないと言うことを基本的に考えていますのでできるだけ患者さんに顔が小さくなったのがわかるようにしています。

わかってもらうためには小顔矯正を受ける前にしてもらうことがあります。

鏡で自分の顔を見る

まず初めに小顔矯正を行っていく前に鏡で見て自分の顔を覚えてもらうことをしています。鏡で何を見ているもらうのかと言うと顔全体の大きさと左右差を特に比べてもらうことをしていますので顔と言うのは誰だって同じではありませんので左右に違いがあるんです。

顔を小さくしていく小顔矯正なら北九州市小倉南区で

左右に違いがありますので真ん中の端の部分を中心として右側の顔と左側の顔を比べてもらうことをしています。

左右の違いがあると言う事は例えばですけど右側全体が大きいのに左側の方が小さいとか引っ込んでいるとか言う感じがあると思いますので、それを比べてもらうことをして貰います。

顔と言うのはいろいろなことを表していますので顔だけして小さくなることがあるんですが限界と言うものが存在しますので顔が小さくなればいいと言うわけではなく、体の調整もしていかなければ小顔をするためにも維持することができないことや持続性がないと言うことがあります。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときに1番、関係するものがあるんですがそれはさておいて顔を小さくするためには分かってもらわなければいけませんので鏡で見て顔を比べて覚えてもらうようにしています。

顔を小さくするためには自分でわからなければ意味は無い

鏡で見て覚えることができたら今度は手で触ってもらうことをしています。

しかし手で触ると言う事は簡単な方法ではありませんので簡単だと思って触ってしまった方ほどただ手を置いているだけになってしまっています。

顔を手で触ると言う事は

顔を手で触ると言う事は1番大変なことになりますので簡単に触ることがないようにして欲しいんですが今まで何人かはわからないと言うことがありましたので、小顔になってもわからなければ意味は無いと説明しているように当院でも院長はそう思っていますのでできるだけしっかりと顔の大きさを把握してもらうことをして貰います。

顔を把握するためには両方の手首を合わせるようにして、顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。

手だけで顔を触ると言う事は鏡で見るよりも大変難しいことですから、鏡で見た大きさや形とは違って左右が逆に感じてしまうこともある位難しいことです。

手と言うのはごまかされやすいのでしっかり触っていて、わからないと意味はありませんのでただ顔に手を当てただけや置いただけではわかりません。

顔を鏡で見て手で顔を触ってそして次に小顔矯正に入る直前に治療する直前に出てもらって院長とともにもう一度、触ることをします。

どうして3回も確認をするのかと言うと必ず変わるんですが難しいからです。

小顔矯正の触り方は

患者さんと言うのは訓練をしていませんので訓練して、やっとわかるレベルのこともありますので訓練していない限りはわからないので、簡単に触って下回った方ほど顔が小さくなってもわからないと言うことがありますので、わからないと言うことがないようにしっかりと触って覚えて記憶してほしいんです。

手で触って顔の大きさの判断ができて小顔矯正をした後に、もう一度手で触ってみることをしてもらいますが手で触って大きさが違うのがわかれば笑顔が違いますのでしっかりと顔を手で触る練習をしてもらうわけです。

手で触る練習をするためには、まず鏡で見て判断できなければいけませんので、鏡で見て意識をしっかり持ってもらうと言うことを大切にしています。

確認すると言う事

顔を鏡で見てもらったり手で顔を触ってもらったり院長とともにもう一度顔を触る練習をしたりと言うことをするためには薫子小さくするためにはどうすれば良いのかということを研究しているからできることなんですが当院の院長は小顔矯正をしていくときには簡単そうにしていますので誰でもできると言うイメージを与えてしまうことがありますが誰でもできる治療が簡単なわけはありません。

大変難しい技術を簡単そうにしているのはできるからやっていることです。

30年の経験と研究があるからできる技ですから、素人の方や一般の方や他の小顔矯正の専門家の先生もできることがない小顔矯正を当院ではしています。

鏡で見たり手で触ったり比べることをしている小顔矯正

北九州市小倉南区で人気のある小顔矯正をしています。

コメント