腰痛や腰の痛みを楽にするために

腰痛や腰の痛みを楽にするために

腰痛、腰の痛みを楽にしていく

北九州市小倉南区と小倉北区で腰痛、腰の痛みを楽にすることから始めて、楽になったら原因を見つけ出して変えていく事をしています。

  1. まずは痛みを楽にすること
  2. 楽になったら原因を見つけること

多くの施術院では電器まかせの所が多くありますが、当院では電器に頼ることなく手の技術だけで腰痛、腰の痛みを楽にしていく事をしています。

 

 

腰痛、腰の痛みの原因

腰痛、腰の痛みが起きるときに状態を説明すると、筋肉のバランスが崩れて、さらに骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きている状態で痛みが起こります。

 

 

腰が痛くなる時って、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きている時なんですか?

 

それが、どうして起きるんですか?

 

歪みや開きやズレが大きくなっている時に、さらに負担になる姿勢をした時に、体を支えることができなくなり、ギックリ腰になったり、前かがみで痛くなることが多いと思いますし、また同じ姿勢をした時にも腰の痛みに襲われます。

 

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きる原因は?

 

普段の生活、仕事をすること、体を動かすあらゆることで生じる疲れがドンドン生み出されるのが原因です。

 

無くなるものもあれば、体に溜まってしまうと分からなくなるものもあります。
体にたまる前であれば、疲れは感じるんですが、溜まってしまうと疲れは感じにくくなります。

 

感じにくくなっても体は正直に疲れをストレスとして感じてしまい、体の崩れである骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレと筋肉のバランスを崩していきます。

 

歪みや開きやズレがときには、おさまりつつ有ったり、また大きくなったり変化します。

 

悪い方に歪みや開きやズレが広がったときに、体を支える事ができない姿勢をした時に急激な痛みに襲われたり、腰が痛くなります。

 

  1. 立っている時でも、歪みや開きやズレが大きくなることもありますので腰が痛くなります。
  2.  

  3. 座っているだけでも、歪みや開きやズレが拡大することもありますので、腰が痛くなります。

 

歪みや開きやズレが起きる原因

 

 

腰の痛みがあるんですが、今までは電器をしてきました。

 

腰痛には原因があるんですか?

 

確かに電気や機械でも腰痛を楽にする効果はありますが、そこに存在するべきものがないんです。

 

そこに存在するものとは? 

 

なんですか?

 

腰痛が、どうして起きているのか? と言うことですね。

 

何が起きて腰痛を起こしているのか? です。

 

ふだん、なにも考える事もなく使っている体ですが、生活するときや、仕事をするときや、体を動かすあらゆることで新しく疲れが生み出されていき、無くなる疲れもあれば、無くならないで体にたまる疲れがあります。

 

無くなる疲れは歪みや開きやズレになることはありませんが、体にたまる疲れは、ストレスとして感じてしまい、体も崩れを起こしていきます。

 

体の崩れが筋肉のバランスを起こし、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになります。

 

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが悪化したものが椎間板ヘルニアです。
さらに悪化したものが、足にしびれを起こす坐骨神経痛です。

 

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛は特別な物ではなく誰でも起こす可能性があるものです。
また眠りの問題からも体は崩れていきますから、腰痛になることは十分、考えられることで、朝から腰が痛いとか布団の柔らかさの聖だけとは言えません。

 

当院の腰痛の施術法は

 

【 腰痛の施術するときは 】

 

  1. まず体を支える土台である骨盤の歪みや骨盤の開きがほんとうにあるのか検査からしていきます。
  2. 検査で確認する事が出来たら、矯正して整えていく事をしますが、骨盤を固定している靭帯が炎症を起こしている方もいますから、安定するまで、すぐには痛みが引かないこともありますので、要安静が必要になります。

     

    皆さん状態が違いますので、痛みが無くなるまで回数や数日かかることはあります。

     

     

  3. 骨盤が矯正ができたら腰椎の状態を確認する必要があります。
  4. 骨盤を矯正して整えると腰椎が安定することもありますが、そうでは無い場合もあります。その時に椎間板ヘルニアがあればわかりますので、可能である状態なら椎間板ヘルニアも施術で解消する必要があります。

     

  5. さらに他にも腰の痛みにつながるものがある場合は、それを見つけ出すことも必要になります。
  6.  

  7. さらに眠りが浅い方は、歪みや開きやズレが安定する力が弱く、立った瞬間から、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしていく方もいますので、ほんとうに良い質の眠りができているのか、確認する必要も出てきます。
  8.  

    また当院では体質改善と言う腰の痛みを起こした根本の部分を変えていく施術もあります。

     

     

 

 

 

腰の痛みがある時は、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレがあるんですね。

 

しかし、それが、どうして起きるんですか?

 

歪みや開きやズレが起きる原因は普段の生活でため込んでいる疲れが原因です。

 

しかし疲れは特殊な特性があって、新しく生み出されたものしか感じません。

 

仕事をして 『 あ~今日は疲れたな 』 と思っても、そのときしか感じていませんが、残っていくものがあるということがわかっていない方が多くいます。

 

残る疲れが、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こして、腰が痛くなると?

 

そうです。 日々生活している時にも疲れが新しく生み出されていきます。

 

新しく生み出された疲れが100としたら、その100すべての疲れを減らす事ができるのか?

 

いいえ、そんな人はいません。

 

じゃ、疲れの蓄積が、歪みや開きやズレを起こして腰痛になると?

 

そうです。

 

疲れは、その人の弱い部分により多くたまっていきます。

 

腰が弱い人は疲れを腰にためやすくなり、必然的に歪みや開きやズレになり体を支えられない姿勢をした時に、痛みが急に起こります。

 

 

徳力整体院は北九州市小倉南区で腰痛、腰の痛みを楽にして30年の実績があります。