腰痛の解消は

北九州市小倉南区で腰痛を解消しています。

腰痛を楽にしていこうと思うなら、まずは筋肉や靭帯の炎症から改善することをしていますので検査することをして見つけ出すことをしていきます。

 

しかし腰痛や腰の痛みと言うのは筋肉や靭帯のトラブルだけではありませんので必ずあるものが存在します。

必ずあるものと言うのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレなんですが骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを矯正して整えなくても、表面上の痛みだけは楽にする対症療法と言う治療法があります。

対症療法と言う治療法は多くの治療院で行われている方法ですから良い治療法だと思うんですが原因を見つけ出すこともなく検査することもなく痛みを感じているところに対して何かの治療をする方法です。

対症療法ばかりしていないで原因を見つけ出すこと

対症療法とは

対症療法と言う治療法は病院に行って痛み止めの注射を打ったりすることも、対症療法になりますし湿布を貼ったりすることも、家族の方に腰を揉んでもらったりすることも、専門家の先生にマッサージをしてもらうことも、針を打ったり、指圧をしたりと言う方法も対症療法になりますし低周波治療器や電気などをかけることも対症療法の1つです。

対症療法と言う治療法は例えばですけど痛みがあるところで、湿布を貼ったりすることも楽になる可能性もあるんですが、急性状態は楽になることができますが慢性化状態になってしまう可能性が多くあり痛みがない時でも、原因が進行してしまっていると言うことが湿布だけではなく対症療法全般に対してあると言うことです。

対症療法ばかりしていると痛みがない時でも原因はとどまる事はありませんので進行していくと言うことが起きてしまいますので進行していたものが一気に椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりまたはこじらせたり骨盤の骨の部分や背骨の癒着や固着状態を招いてしまったりと言うことがありますので変形すると言うこともあると言うことです。

毎日の疲れやストレスが溜まってくると体は歪んだりずれたりする

骨盤の歪みや骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開きと言うのも筋肉や靭帯が伸ばされたり、緩んだり引っ張られたりしていますので慢性化状態を招いてしまうと緩んだままになってしまったり、引っ張られた筋肉や靭帯と言うのは、硬くなる傾向を示していきますので、硬くなっていくとさびついたような状態になってしまい癒着や固着状態になっていくということもあるということです。

癒着や固着状態が起きた場合はボキボキしても治る事はありませんので癒着や固着状態を無理矢理、引っ張り出そうとすると逆に痛めてしまったりすることもあると言うことです。

疲れやストレスが溜まると骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて腰痛になる

骨盤の歪みや骨盤の開きの原因

骨盤が歪んだり言葉が開いたりする原因と言うのは特別なものではなく普段から日常的に起きている現象ですから普段の生活することや仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く生み出されていくものが体に蓄積していくのが原因です。

積み重ねていくものは何をしても多くなっていきますし何もしなくても多くなっていくものが疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは多くの方にある現象ですからない方はいないと思いますので何らかの骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレがあると言う事なんですが開きや歪みやズレがあっても辛ければ何も感じ取ることができません。

感じ取ることができない歪みや開きやズレと言うのは徐々に大きくなっていくこともありますので大きく拡大したものがゆくゆくは腰の痛みや腰痛になってしまうと言うことなんです。

しかし疲れやストレスが溜まっても腰痛や腰の痛みにならない方も、いらっしゃいますのでならない方は腰の部分には弱さがないと言うことになります。

弱さと疲れやストレス

疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰であれば腰痛になり方であれば肩こりになり生理に関係する部分であれば生理痛になり朝が弱い方は便秘になると言うことなんです。

弱い部分と言うのは疲れやストレスを多く溜めやすくなっていきますので、貯めてしまうと必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がずれていき、筋肉や靭帯が引っ張られたり緩んだり緊張したり硬くなったりと言う状態が起きてしまっています。

腰痛の原因とは

コメント