骨盤矯正で小尻にする事、そして小尻を維持する為には

北九州市小倉南区と小倉北区からも多くの方予約している人気がある骨盤矯正を30年の経験がある院長が実際に施術に当たります。

骨盤を小さく小尻にするとは
骨盤を小さく小尻にするとは

骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にしていくなら、初回から変化して小尻になることで評判の良い骨盤矯正をしていますが、それよりも急に去年は履けていたお気に入りのパンツやスカートが急にきつくなり、履けなくなるのは、生地が縮んだせいもあるかと………思いますが、それよりも、あなた自身の骨盤が大きくなっているせいです。

スカートやパンツがキツクなるのが、太った?

去年まで履いていたお気に入りのパンツやスカートがキツクなる、入らないくなるのは、太った?………?

骨盤が大きいから、パンツやスカートがキツイ訳ですから、それには、いくつかの問題があります。

去年は履けていたパンツやスカートがキツクなったのは………

タイプで違う骨盤矯正

  • 骨盤周辺に浮腫みや脂肪が増えた?
  • 骨盤が歪んだり、開いているから骨盤が大きくなった?
  • 両方合わせた複合タイプ?
  • 便秘の影響で骨盤が歪んだり、開いているから?
  • 生理痛の影響で骨盤の股関節の部分が歪んだり、開いているから?
パンツやスカートがキツクなったのは?
パンツやスカートがキツクなったのは?

スカートやパンツがキツクなる原因は、大きく分けて5つなんですが、最近は内臓下垂で、スカートやパンツがキツクなる方もいます。

どんな状況になっているのか?

どんな歪みになっているのか?

確認していきますが、多くの場合、便秘や生理痛は骨盤矯正に深く関係しますが、それ以外にも運動不足、食事も当然、関係していますが、それだけではありません。

スカートやパンツがキツクのは

スカートやパンツがキツクなるのは、運動不足もありますけど、運動しないと脂肪を燃焼できないと言われますが………運動すれば良い訳ではなく運動すると、浮腫みが増えていきます。

運動、体操、ストレッチ、筋トレ

ジョギングすると、続かない人が多いようですが、それは疲れが生み出されていくからです。

その生み出された疲れを自力で解消できれば、脂肪が増えることは無く、スカートやパンツがキツクなる事も起きませんが、疲れを自力で解消することができないと、疲れがたまって疲労になり、疲労が多くなると体に取ってはストレスになります。

ストレスと疲労、疲れが増えてくると、やっている時は良いですが、体の動きが少ない時には、疲れで働きが悪い状態で代謝が悪くなり、リンパの流れは悪く老廃物が溜まりやすくなります。

ジョギングしても、筋肉を使って動かすことは良いことですが、その代償のあまりにも大きすぎる疲れをためていくこと、しかし、人は程度がありますが動かさないといけないのは事実です。

食事制限の骨盤矯正

食事制限してもダイエット、スカートやパンツがキツクなることに関係がありますが、食べたいな~、とか、もっと~と思ってしまうと、食べないとストレスになります。

美味しいケーキを食べたいな~、と思うことを我慢するとストレスになると言うことです。

しかし、カロリーがある甘いものを食べることは。動くエネルギーになります。

知られていることですが糖分は脳へのエネルギーになります。

しかし糖分を食べてばかりいると、体に取っては、脂肪を増やす原因にもなりえます。

美味しいものを美味しく気にせず食べることが一番、なんですが………

便秘と骨盤矯正

骨盤の中には大腸、小腸が骨盤の中にあるため、働きが正常ではないと、骨盤に影響が大きく出てしまいます。

便通が悪いと言うことは主には大腸の働きが悪いことが原因で、骨盤が歪んだり、開いたりしやすくなります。

そのため骨盤矯正と一言で言っても、関係する部分に問題があると、影響があると言うことですが、便秘の方は、全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしています。

背骨のズレまで言うのは、大腸にいく神経は腰部の腰椎4番目に関係があるからです。

つまり、便秘の方は背骨の4番目がズレていますが、それだけが便秘の原因ではありません。

スカートやパンツがキツクと便秘
スカートやパンツがキツクと便秘

生理痛と骨盤矯正

骨盤の中には卵巣、卵管、子宮、膀胱などがありますので、生理痛が起きやすい方は、何らかの影響があることは必至です。

生理痛の方は、子宮や卵巣、卵管に何らかの問題があり、その影響で骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こしています。

背骨の部分まで言うのは、卵巣は腰椎3番目から神経が遅れられてきていますので、背骨の3番目のズレも起こしています。

しかし、それだけが原因ではありません。

スカートやパンツがキツクと生理痛
スカートやパンツがキツクと生理痛

骨盤矯正と疲れ、疲労、ストレス

骨盤矯正をする時には、便通、生理痛なども関係しますが、常日頃の生活、仕事をすること、体を動かすあらゆることが原因でストレスになりやすく、疲れや疲労、ストレスがたまると、働きが落ちていき骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレになります。

この現象からも、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると、スカートやパンツがキツクなりやすくなります。

代謝が悪くなり、リンパの働きが低下して、老廃物が流れなくなり、浮腫みや脂肪になります。

そうすると結果的にスカートやパンツがキツクなる訳です。

ウエストも細くする

当院の骨盤矯正はウエストも細くすることをしていますが、それは骨盤矯正と同時に周辺の浮腫みや脂肪を減らすことをしなければならないからです。

骨盤の、すぐ上がウエストですから、ウエストまで調整して細くしないと、なんだか変な感じになりますよね。

でもお腹の脂肪は簡単にはいきませんよ。

骨盤矯正と脳から寝る睡眠

体を整えても脳から寝る睡眠ができていないと、体は崩れやすくなります。

骨盤矯正に深く関係があるのは、脳から寝る睡眠ことです、

夜になれば、布団に入って寝ることをする訳ですが、寝ることは体が寝ていることよりも、 脳が睡眠をとっているのか?………ということが重要です。

睡眠とは脳が休養をとること
睡眠とは脳が休養をとること

骨盤矯正と体質改善

整えただけでは、また同じような生活をしようとしますから、同じ体のままでは整えた骨盤を小さく小尻にしただけとなります。

そのため、どこかを変える必要があるんですが………