頭痛を楽にすること、そして頭の痛みの原因を見つける事

この記事は約5分で読めます。

北九州市小倉南区と小倉北区で頭痛片頭痛やズキズキする痛みが頭にある、こめかみの痛み、目の奥が痛む、突然、頭が痛くなる、緊張性の頭痛など色々な症状がありますが、ほとんどの頭痛には原因がありますから原因を見つけて変えていくことで解消や改善が良くなる希望があります。

頭の痛みの原因は?
頭の痛みの原因は?

一瞬で頭痛をなおせないんですか?

質問:頭痛や片頭痛を一瞬でなおせませんか?

答え:頭痛を一瞬でなおす方法は表面上の痛みだけを解消することはできますが、それは、その時だけです。どうしてかと言うと原因なんか関係なく、無理やり抑えることになるからです。もしかしたらサイトで検索すればでてくるかも知れませんが、それは危険なことだと思います。やること自体が危険だと言う訳ではなく、施術を遅らせることがです。

しかし、抑えても痛みの原因も、いつまでも、そのままではありません。

せっかく痛みの原因が表面化しているのに、水面下まで落として、どうするのか?………と思います。

どこかに、何かを刺激を加えることで圧量が下がって、痛みが楽になる、良くすることをしても、また繰り返しやすく、又は表面化した原因を水面下に落としてわからなくする方法です。

そんな方法ばかりしていると、今度、頭痛になったら、もう効きませんし違う形になって表れてきます。

頭痛や片頭痛や、こめかみの痛み、目の奥のズキッとする痛みの原因は

頭痛や片頭痛やこめかみの痛み、目の奥の痛みが起きるのは、原因があるから起きていることです。

  • 特に目の奥の痛みは、炎症が起きているからだと思いますが、その炎症が起きる原因は、体の崩れです。
  • こめかみの部分の痛みが起きるのも、色々な問題が重なりますが、炎症の可能性もあり、緊張の場合もあるかも知れませんが緊張だとしたら、かなり強い緊張からです。
  • 頭痛がストレス性の痛みの場合もありますが、ストレスと言うのは、疲れや疲労が体にたまることで体はストレスを感じていくのが普通ですから、気が付かない疲れ、解消しきれない疲れの蓄積が、わからないうちに増えて多くなり、ストレスとして感じています。ストレス=蓄積疲労です。

どこに、どれくらいの頭の痛みが起きようとも、こめかみが痛くなろうとも、片頭痛が起きようとも、すべて言えることは、どこかに原因があって起きているので、検査しないと確定はしませんが、大半が体の崩れからです。

頭痛と片頭痛と体の崩れ

体の崩れと言うのは、部分的に起きることは無く、全体の問題として起きて、特に症状が出ている部分の崩れが大きく起きます。

体の崩れとは……体の崩れとは、筋肉のバランス、脳脊髄液の生産と還流、リンパの流れの停滞、老廃物の蓄積、血流の流れの阻害、血液の汚れ、血液の粘度の低下、内臓の働きの低下(病気ではありません)、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが最低でも起こるのが崩れです。

体の崩れが起きるの原因

体の崩れが起きると、一番、弱くなっている部分に問題を起こす場合もあり、そこが頭であれば頭が痛くなります。

頭が弱くなる原因は?

頭が弱くなる原因として挙げられるものは、睡眠に関係することです。

多くの方が気が付いていませんが、夜に寝ている時に、本当に脳まで休めているのか?

夜に寝る時には、体も働きを最低限にして休養を取りますが、脳が休めてない方が頭痛や片頭痛になる場合が多くあります。

脳が休む睡眠

夜に寝ている時に

  • 眠れない
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に何回も目を覚ます
  • 夢ばかり見る………などは不眠症です。

不眠症の方も体の崩れから起きていますが、ほとんどの方が不眠症になっていなくても、目が覚めなくても脳が休んでいない睡眠をしています。

しかも気が付いていません。

脳から寝ることと顔の浮腫み
脳から寝ることと顔の浮腫み

本当に脳から寝る睡眠ができて脳が休んでいれば、体の崩れも起きにくい………

脳から寝る睡眠ができないと
脳から寝る睡眠ができないと

普段の生活や仕事や体を使うことで

睡眠とは別に、体の崩れが起こりますが、それは生活すること、仕事すること、運動すること、体を動かすあらゆることで生みだされる疲れが原因ですが、疲れなんてたまっていない………と言う方がいますが、証拠は体にしっかりと現れています。

検査をすれば、証拠である体の崩れが、程度?、段階?………と言う状態で反応します。

自分で、そうは思っていなくても、体は正直に表現されています。

体の崩れが起きるのは

体の崩れは特別なことが必要な訳ではなく、普段の生活、仕事すること、体を使うあらゆることで新しく生み出されるものが原因で、疲れが生み出されますが、その日のうちに疲れを減らす事ができないと、増えるばかりで気が付かないうちに疲れが体にたまっていきます。

しかも、疲れることをしたあとにしか、疲れは感じることができません。

疲れを感じるには生み出されたときだけ
疲れを感じるには生み出されたときだけ

疲れを感じるのは、例えば仕事をして、「あ~今日は疲れたな~」と思う時だけです。

多くの方は疲れを感じても、数秒くらいで忘れていきます。

その忘れることを疲れが解消できたと思うか、良くなったと勝手に思っているだけです。

全部疲れを解消できないと、たまるものがある
全部疲れを解消できないと、たまるものがある

もし、本当に疲れが完全に解消できていたら頭痛や片頭痛なんて、怒らないと思いますし、脳が休んで脳から寝る睡眠ができていれば緊張性頭痛、脳にストレスがたまることなんて起こりません。

頭痛、片頭痛、こめかみの痛み、目の奥の痛みは、体の崩れと脳が休んで脳から寝る睡眠ができていないことが原因です。

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、若松区、戸畑区、門司区、行橋市、苅田町で頭痛や片頭痛を和らげると言うよりも、痛みの原因を見つけ出す事をしています。