生理痛は原因から変えること、生理痛の原因は?

この記事は約5分で読めます。

北九州市小倉南区と小倉北区で生理痛を楽にする事、解消することを目指す施術をしていますが、どうして生理痛が起きるのか、生理になると腹痛や、腰痛、肩こり、頭痛、お腹の張り、下腹部の張り、膨満感、胃の痛み、イライラする、不安、気持ち悪いなどの色々な症状が起きるのは原因があります。

体の崩れ、体の歪みから
体の崩れ、体の歪みから

生理痛は、ひどくなることもあり、痛み止めの薬が効かないことも出てしまいます。

生理痛は軽い時もあれば、酷くなる時もありますし、いつも悪いと言うこともありますが、それは、すべて体の状態が関与しています。

生理痛が起きる時には

生理の時に多くの悪い症状が起きるのは、原因がありますから、その原因を突き止めることが必要になります。

それを起こす宇野は、特別ことが必要な訳ではなく、普段の生活をすることや、仕事をすることや、運動することや、同じ姿勢をすることや、体を動かすあらゆることで常に生み出されるものが原因で生理痛になっていきます。

日常でしている生活が体の崩れを越していく
日常でしている生活が体の崩れを越していく

それは疲れです

疲れですが、疲れは生み出されたときにしか感じません

疲れは生み出された時にしかわからない

例えば、仕事をして……『今日は疲れたな~』………と思っても、数秒から数分で、感じなくなったり、忘れていきます。

多くの場合、忘れることが解消できた………と思うみたいですが。

しかし、忘れても感じなくなても、全て解消しきれば問題は起こりませんし、生理痛になることもありません。

全部疲れを解消できないと、たまるものがある
全部疲れを解消できないと、たまるものがある

解消しきれない疲れが、時間や日によって、どれくらい蓄積して言っているのか?

もちろん性能が良い体であれば、問題なく疲れを完全に解消することができるかも知れません。

しかし、それは数からいっても、少数だと思います。

コロナ化の時を経過して、多くの方が調子が悪いと言う世の中です。

疲れが増えると体にとっては、ストレスになります。

しかし、疲れがたまっていますね………と言っても、いいえ、たっまっていません………と言う方もいるため、疲れの蓄積を感じていない方も多くいいますが、体を検査してみると、体は、しっかりと体の状態を表しています。

自分でわかっていないことも、体は嘘偽りなく示しています。

また、普段の生活することによる疲れだけではなく睡眠も生理痛に影響します。

生理痛と睡眠

  • 寝つきが悪い
  • 夜に眠れない
  • 夜中に何回か目を覚ます
  • 夢ばかり見る

………などの方は不眠症かも知れません。

当院では患者さんに聞いて確かめることがありますが、それは、「眠れていますか?」と言う質問です。

日常で疲れが、どんどん増やしていっても、日常でも疲れを減らす事ができますが、普通であれば夜に寝ている時に残りの解消しきれない疲れを脳が解消していきます

しかし脳が元気な状態であればの話です。

脳から寝ることと顔の浮腫み
脳から寝ることと顔の浮腫み

多くの方が気が付いていませんが脳の元気度を落としています。

それは脳から寝る睡眠ができていないからだと思っています。

生理痛と体の崩れ

日常で生み出される疲れ、疲れが多くなると疲労になり、疲れや疲労が増えてくると体はストレスとして感じて、いらないもの、悪いものがあると認識します。

その結果、ストレスがたまったと言うことになり、正確に言うと疲れがたまったと言います。

あとは、どこに、どれくらいのストレスが溜まったのか?………体なのか、精神的なストレスなのか?

普段の生活で仕事で、体を動かすことや、ジッとして動かないときでも、どれくらいの疲れが生み出されて、完全に解消しきるのか?

解消しきれない疲れは、野山に放たれることなく、自分の体に気が付かないうちにたまっていきます。

生理痛と睡眠

  • 眠れない
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に目を何回か覚ます
  • 夢ばかり見る

………などは不眠症の症状です。

不眠症でも、段階がありますので、どのくらいなのか?

脳から寝る睡眠ができないと
脳から寝る睡眠ができないと

夜に寝る時に、すぐに眠れても、朝まで一回も目が覚めなくても、脳から寝る睡眠ができていないと、ただ横になって寝ていることになり、疲れが取れる睡眠ができていない可能性もあります。

脳から寝る睡眠ができていないと、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレだけではなくホルモンのバランスの崩れも起こりやすくなります。

生理痛と脳から寝る睡眠

本当に脳から寝る睡眠ができていれば、結果的に寝ている間に疲れ、疲労、ストレスを減らしてくれていますので、体の崩れが解消しきれていません。

日中でも、疲れを減らす事ができるかも知れませんが、寝ている間の方が圧倒的に多く解消しています。

と言うことは日中でも多くの疲れが生み出されて、解消しきれないほどの疲れが体に蓄積していき、どれくらい疲れを減らることができるか????

栄養もないと疲れを減らす事ができませんが、ビタミンB群とかですね、でも、それだけで効果が無かったと言う場合もありますから、ビタミンを飲んでも疲れが取れる栄養剤を飲んでも、体が回復してくれる状態ではないと回復はしにくく、できないことも。

焼肉を食べても、ウナギを食べても、栄養豊富だからと言うことで食べている人が多いようですが、食べれば食べるほど良いのではなく、それをエネルギーに変換するのが内臓です。

内臓、自律神経をコントロールしているのが脳です。

まずは眠りの改善からしないと、いくら体を整えても効果がなかったり、戻りやすくなったり、崩れていく場合もあります。

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、若松区、戸畑区、門司区、行橋市、苅田町で生理痛を解消することや改善を目指す施術をしています。