生理痛を楽に、緩和するなら

生理の時に起きる色々な症状を緩和することや、楽にする為には、体の崩れから整えることをしていかないと。

生理の最中や、生理の前に起きる、イライラすることや不安になる症状や腰痛、腹痛、胃の痛み、

ひどい生理痛が起きるのも、体の崩れから起きていますので、体の崩れを整えることから始めて、整ったら原因を見つけ出して変えることができます。

生理痛と言っても、人それぞれで感じる症状や重さが違いますので、問題になるのは、何が起きていようと問題になるのは、体の崩れの度合いです。

生理痛と体の崩れ

体の崩れと言っても、度合が皆さん、違いますので、起きている症状でも違いがあるように、腹痛が起きる方は、いつも生理の時には、腹痛が起きる場合が多くあると思います。

しかし、いつも同じ症状が起きるとは限りません。

と言うのは体は変化しているからです。

生理痛が変化する?

生理痛と体の崩れの原因

生理の前から体の崩れを整えることをしないと、生理痛が起きる重たさが強くなっていき、ひどい生理痛が起きてしまうと、また、つらい思いをすることになります。

  • 体の崩れがひどいほど、ひどい生理痛になってしまいます。
  • 体の崩れが強いほど、いつもより悪い生理痛になってしまいます。
  • 体の崩れが多い時に生理痛になると、生理痛が多く、強くなります。
  • 生理痛に波があるのは、体の崩れの度合いからです。

体の崩れの変化で、生理痛の度合いが決まります。

生理痛が起きた時には、楽になる姿勢や体制があるようですが、それらを考えるよりも、体の崩れを改善する方が先であり、和らげる方法だと思います。

生理痛と睡眠

生理痛と体の崩れは、密接に関係がありますが、睡眠も、かなり深く関係があります。

最近は多くの方が、不眠症ではない限り、寝ていると思っているでしょうが、多くの方が、睡眠負債に陥って寝ています。

睡眠とは、寝ることですが、体が休んでいることは、もちろんですが、一番は脳が休んで寝ているかです。

例えば、高校生の時に、携帯のラインを返すことが気になり、夜遅くまで起きていたり、勉強で寝るのが、遅かったことが体の崩れを招きますが、若い時は、気が付きません。

しかし、若いだけであり、気が付かないだけであり、体に取って問題にならないか?………と言うと大きく違います。

一度、睡眠時間と深さが不足することで、脳疲労が起きてしまい、回復することができなくなり、それが体の崩れになってしまいます。

また、それ以上に脳疲労から起きる脳下垂体ホルモンの働きにも影響して生理をコントロールしているホルモンが正常に働くことができなくなっていきます。

生理痛と熟睡

一度、脳に疲労が蓄積されていくと、浅い眠りしかできなくなります。

その時には目が覚めなくても、夢ばかり見ると言う時間よりも、寝ながら考えことをしている睡眠になっていきます。

睡眠が浅い時には、寝ながら考えことをしている睡眠の時間が圧倒的に長くありますが、しかし、気が付かない原因は、目が覚める数分から数十分前に、熟睡しているからです。

寝ながら考えことをしている睡眠

しかし、寝ながら考えことをしている睡眠の時間が長くなると、さらに脳が疲労から抜け出せなくなり、脳下垂体の働きを悪くして、そして体の崩れがさらに大きくなっていきますが、脳疲労が起きていると、アドレナリンが出なくて良い時に、分泌されたりして興奮状態を起こすことがあり、気が付きません。

また脳が弱ると、脳からモルヒネに似たホルモンが出ると言われていますので、モルヒネは、マヒさせるホルモンですから、何かの症状が起きることはなく、感じないまま生理になると、限界を超えてしまっているので、ひどい生理痛になってしまいます。

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、若松区、戸畑区、門司区、行橋市、苅田町で生理の時の生理痛の症状を緩和する、解消する、軽くする、改善するために。

コメント