生理痛を緩和するために考えること

北九州市小倉南区と小倉北区で生理の時に起きる悪い症状、つまり生理痛を楽にする、解消する、緩和する、改善するなら体の崩れ、体の歪みを整えていくことから始めて、生理痛の原因を見つけ出すこと、そうすると変化してきます。

生理痛と言うと痛み止め、症状止めの薬を飲んで楽にしている方が多くいますが、それだけでは一時的な問題を解消しているだけです。

生理痛を緩和するなら、どうする?
生理痛を緩和するなら、どうする?

生理が近くなるとお腹が張ったり、しくしくしたり、ズキズキしたり、重たくなったり、変な感じがしたり、吐き気がしたり、生理痛に効果のあるツボを検索したり、どこかに生理痛を良くする方法がないか、探したりすることも良いですが、当院では生理痛の原因を見つけていくことをお勧めしています。

大半の生理痛の方が安易に頼るのが症状を止める薬ですが、痛み止めですから一時的な効果はあるかも知れませんが、そんなことを続けていたら効かなくなることもあります。

生理痛の症状は多岐にわたりますが………

生理痛に効果、効くツボ

一般的には生理痛に効果のあるツボは、

しかし、生理痛に効果があるか、どうかは人で違いますので、お試しでお願いします。

当院ではツボを押して刺激するのではなく、生理痛になっている原因を見つけようと考えています

そのためには、目の前の問題を少なくすることをしないと。

目の前に立ちふさがる問題は、体の崩れ、体の歪みです。

生理痛と体の崩れ、体の歪み

ほぼ全員があると言っても過言ではない体の崩れ、体の歪みですが、その影響が、いかにして生理痛になっているのか?

当然ですが、体の崩れ、体の歪みは、生理痛に深く関係しています。

体の崩れ、体の歪みと言うと、主には骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレですが、その骨盤の中には何があるのか?

骨盤の中には生理に関係す臓器があります。

骨盤の中にあるのは、卵巣、卵管、子宮、膀胱、大腸、小腸などです。

この中で生理に関係するのは、卵巣、卵管、子宮ですね。

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレと生理痛
骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレと生理痛

生理痛を体の崩れ、体の歪み

体の崩れ、体の歪みことも、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きることも両方に関係するのは、日ごろの生活で、常に新しく生み出される気が付かない疲れの蓄積で起きています。

誰でも多かれ少なかれ体の崩れ、体の歪みが起きていますが、起きている部分と、あとは量が違います。

生理痛の方は、特に骨盤の歪みや開きが大きく起きていますから、骨盤矯正をして整えていきますが、骨盤が重荷ではなく中から改善をしていかないと、骨盤は整いませんし、安定しません。

体の崩れ、体の歪みと骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きるのは、生理に起きる問題だとしても生理の時に起きる現象ではなく、普段も起きて、進行していると思われます。

と言うことは当院では検査して体の状況を確認しながら改善を目指していきます。

整ってきたら体質改善で変えること

いくら整えても、整えただけであり、体は何も変わっていません。

そのため体質改善と言う施術をすることができるんですが、本当の生理痛の原因を変える施術になります。

生理痛と眠り

最近は多くの方に質問すると、寝ていますよ、と言う答えが返ってくる睡眠ですが、本当の疲れが取れる睡眠ができていない………と思うことが多くなっています。

眠りと言うのは脳が寝ていることをいいます。

もし、本当に脳から寝て、脳が休養を取っていれば、朝からだるいとか、朝から顔が浮腫んでいるとか、朝からダル重って言うことはおきません。

しかしハイテンションになっているくらい脳が弱っていれば、元気で動けて疲れ知らずです。

脳が眠れていないにも関わらあず、動ける場合は、興奮するホルモンの分泌が多くなっていますので、元気がと勘違いしたり、動ける訳です。

脳が弱ると、心臓は拍動を増やして脳へ酸素と血液の供給を増やしますから、心臓の負担になることもあり、肩こりとして感じてしまいます。

夜に寝て、朝まで目を覚ますことなく、朝から元気だと言っても、寝ている本人にはわかることない場合もあります。

また、眠れていないと睡眠負債が多くなり、体の崩れ、体の歪みを起こしていきます。