生理痛を楽に

毎月の生理痛を変えていく為には、どうすれば、それが可能なのか?

それをするためには、どうして生理痛が起きるのか? と言う疑問を持つことが必要になります。

悩んで相談している方
相談者

生理痛がひどいんですが、どうすれば良くすることができるんですか?

徳力整体院のスタッフが説明をします
スタッフ

生理痛になる方の原因を見つけ出すためにも体を整えていくことです。

悩んで相談している方
相談者

体を整えていくって、普段は、何も症状はないですよ
だから歪んでいないと思います。

徳力整体院のスタッフが説明をします
スタッフ

多くの方が、そう思っていらっしゃいますが、そういう方ほど、体の歪みが大きく起きていることに気が付いていません。

生理痛と体を整えること

生理痛の一つの原因は、体の歪みです。

体の歪みは、痛みやコリなどの症状が普段は何もなくても普段の生活するだけで起きていることなんです。

毎日、毎日、生活すること、家事、仕事、運動、食事、などで、体は積み重ねられた疲れが新しく生み出されていき、その疲れが解消しないうちに、次の疲れが新しく生み出されていきます。

その疲れの蓄積が体の歪みを作り出します。

生理に関係する部分は、特に骨盤の部分ですが、下腹部のあたりに多く集まっていますから、骨盤が歪んだり、開いたりすることで影響は大きくあります。

普段、何気なくしていることが疲れを、どんどん新しく生み出してしまい、その生み出された疲れが消化しきれないと、体にたまっていきます。

理想を言えば、一日で生み出された疲れは、その日のうちに減らすことをしないと、次の日も、同じことを繰り返してしまいます。

多くの人は、疲れを簡単に生み出していますが、減らすことはしていません。

体任せにしているだけです。

生理痛と眠り

脳の中枢部に脳下垂体と言うホルモンを分泌する部分がありますが、一日でも眠りが浅かったり、眠れなかったりすると脳下垂体ホルモンに甚大なる影響は出てしまいます。

それだけではなく、眠りに問題が出てきても気が付かない方も多くいます。

気が付かない理由は、目が覚めない眠りの問題があるからです。

その眠りのことを睡眠負債と言いますが、不眠症とは違い、目が覚めないで朝を迎えます。

眠りが浅いと、脳下垂体ホルモンも正常に働くことができなくなり、脳も弱っていき、痛みやコリを感じにくくなります。

脳が弱っていくストレスを感じると、目が覚めにくくなり、皿の脳は弱っていきます。

それで何も症状がない、痛みやコリがないと言う方もいます。

最近は、その方が増えているのが現状です。

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、若松区、戸畑区、門司区、行橋市、苅田町で生理痛を解消する、楽にする、改善すること。

コメント