小顔矯正で小顔に

北九州市小倉南区と小倉北区で小顔になりたいなら小顔矯正があるんですが、方法が当院では違います。

一般的に小顔矯正と言うとエステの小顔矯正が思い浮かぶと思いますが、エステでは、顔を温めて代謝を上げて浮腫みや脂肪を減らす事をしたり、顔をマッサージして刺激して浮腫みや脂肪を減らす事をして小顔にしたり、小尻にすることをしていますが、代謝を上げるのも整えないと代謝は上がりませんし、リンパも流してときだけは流れるでしょうが………

施術後の顔の変化
施術後の顔の変化

小顔になってみたいと思ったら、顔の浮腫みや脂肪を減らすことも大切ですが、増やした原因も関係していますよ、

顔に浮腫みや脂肪が増えた原因もありますが、運動不足、食事のカロリーがあり過ぎることも関家いしますが、それは浮腫みではなく、脂肪の増加です。

浮腫みと脂肪は、関係があることもありますし、浮腫みが脂肪になることもあるかと思いますが、浮腫みとは状態が良くない現象であり、脂肪と分ける方が良いと思います。

脂肪が増えるのは

顔に脂肪が増えるのは、運動不足もありますし、、あたり動かないとか、喋る事をしないと、顎や頬周辺に脂肪が増えていくと思うでしょうが、それ以外の顔に増えるのは、どうしてでしょうか?

小顔矯正とは


小顔になることは、顔を小さくすることですが、顔を小さくするためには、何かを減らさないと小さくなりません。
顔の何を減らすのか??


減らす事ができるのは顔にあるものです。
顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉とじん帯と浮腫みと顔の骨しかありません。
当然ですが浮腫みをある分だけ減らすと、減った分だけ顔が小さくなります。


浮腫みが、どれくらいあるのか、どれくらい浮腫みを減らす事ができるのか?? ・・・で小顔になる度合いが違います。


その浮腫みを、どう言う方法で減らすのか??

そこが問題です。

主には顔を刺激したり、発汗を促すことをして小顔にしているのがエステです。


刺激して温めたりすることで、代謝を上げてリンパの流れを良くして老廃物を流したり、体の中の水分を出すため、温めたり、蒸気を当てたり、タオルを巻いたり、発汗クリームを塗ったりする施術だと思います。(当院の院長の勝手な見解)

小顔矯正なら

洋服を着替えて汗で濡れないようにして顔をマッサージして刺激したり、汗を出す施術です。

当院の小顔矯正は、浮腫みが、どうして増えたのか??と言うことを考えながら矯正をしていきます。


顔にも浮腫みだけではなく脂肪もありますが浮腫みとは種類が違います。
浮腫みと脂肪は同じように思えますが、できる原因が違います。


脂肪は高いカロリーの摂取、糖分、炭水化物、脂分、運動不足などが原因で増えていきます。
それに対して浮腫みは体の状態が良くないのが原因で増えていきます。最終的には脂肪に変化するものもあります。

顔が太る


顔が大きいと意識するのは、朝に顔をみることがある時です。、主にメイクする時です。
朝の顔は浮腫みやすく感じることが多くあります。
しかし、考えてみてください。

小顔矯正をする時に、代謝が悪くなったり、リンパの滞留が起きるのは、体が歪んでいるからです。
その歪みを作ったのは、日ごろの疲れが原因です。


どうして朝の浮腫みが大きいのか!!

朝は寝て、すぐですから体を動かすことをしていないため、また、同じ姿勢で動いていないから??・・ですか??


でも、本当に体を動かす事をしていないでも、朝は働いていないので疲れが解消できている状態ですから、朝から顔の浮腫みがある事は考えられません。
つまり、浮腫みは動き出すと変化するわけですから脂肪ではありません。脂肪は動きに関係ありませんから。


ということは脂肪ではなく浮腫みです。
朝は顔が引き締まっているのが普通です。理由は寝て疲れやストレスが減っているはずですから。


だから朝から顔が浮腫んでいると言うのは、良くないしるしです。
洋服は、着替えることなく、汗を出す施術でもないけど、浮腫み、脂肪を減らす為に、体を整えていく施術です。


当院では体を整えることで代謝率を上げることができたり、リンパの流れを促進して老廃物を流れるようにしたり体を整えることで小顔矯正をしています。
体を整えても顔は小さくなります。


体の崩れがあると、浮腫み、脂肪が増えていきます。⇒ 減らすと顔が小さくなります。
眠りが浅いと顔は浮腫み、脂肪が増えて顔が大きくなります。⇒ だから整えると顔が小さくなります。


小顔矯正を希望されて予約されたら、当日、来た時にアンケート用紙の小顔矯正の項目に〇をして下さい。


院長と話をして、院長が希望を確認のため、聞きますから「小顔矯正を!」と言って下さいね。

小顔矯正の進め方

小顔矯正をする前に、してもらうことがあります。それは自分の顔の大きさを確認してもらうことです。確認方法は顔を鏡に映して顔の輪郭、大きさ、浮腫み度合を目で確認してもらいます。


この時に、ただ見るだけでは何もわかっていないで見ていますので、そう言う見方ではなく意識する事なんです。
女性の多くは鏡を見る機会が多いと思いますが、メイクの感じはどうだろうか、とか意識して見ているから、わかります。
つまり意識しないと何をしても、わかりません。


小顔矯正をする時にも意識して感じようとしないと小顔になっても、わかりません。

1、鏡で自分の顔を見る

当院ではスタッフが計測することはしていません。メジャーを用いることはしていませんので、すべて自分で確認してもらいます。

鏡で確認
鏡で確認


またご自分のスマホにアプリを入れることで比較できるアプリを見つけました。アイフォン用のみですが、パーフェクトBAです。BAとは、ビフォーアフターの略です。
小顔矯正に入る前に鏡で自分の顔を意識して見ることをしてもらいますが、鼻を中心として一本の線を引いて左右を比べます。


イメージして鼻の中心に縦線が一本あって、右側と左側の顔を比べます。
一つ一つずつ確認してくことが比べることになります。
もちろん、すべてが一度に変わる事はありません。どこが変わるかは人で違います。


自分の顔を鏡で見ても、こう言う見方はしませんので、意識して見ることが大切です。
顔を正面を向けて目の位置の大切な要素ですが、目の位置の上下のズレが無いのか??
片目だけつぶれていないか??


などですが、もうここまでくると、本当には小顔矯正ではなく全身の施術も必要になります。
顔だけして変わるレベルのものと全身の影響から出ている顔の状態があります。


小顔矯正をする時に、顔だけのものを減らすことは1回目からできます。
しかし体の影響から来ている物もありますから、それは体を検査して調べる必要があります。

まずは鏡で見て自分の顔の大きさ、形、左右差を覚えること

2、顔を手で触って確認


鏡で見て自分の顔がわかったら、次は手で顔を触ってもらいます。
手で触ることは、鏡を見るよりも難しいことです。
簡単だと思って顔を触ると、本当に変化しても、小顔になったのが、わからない方もいます。
小顔矯正と言っても10センチも顔が小さくなることはありません。


全体で1センチだったり、2センチだったりと言う感じで小顔に変化していきます。
なので5ミリ変わっても、わかる触り方をしていないと小顔になっても、わからない方もいます。


どうして他人が計測したりする方法をしていないのかと言うと、自分で変化がわかれば笑顔が違います。
どうしても他人がメジャーで計測したりして数値だけを聞くよりも、自分で変化がわかれば驚く方もいれば、院長と目を合わせて喜ぶ方もいます。

顔が小さくなるけど、限界はありますよ
でも、多くの方は小顔になりますが。

小顔矯正の手の触り方


小顔矯正をする時に手の触り方は、下のイラストを参考にして下さい。
両方の手の平を顔に当てて、手の密着度合が大切です。押さえれば良い訳でもなく、手を置くだけでもダメです。


感じようとすることを意識してください。
感じようとする時の感じ方は、左右差です。
顔には、必ず左右の違いがあります。

手の平で顔を覆うようにして顔の浮腫み度合い、大きさを判断する
手の平で顔を覆うようにして顔の浮腫み度合い、大きさを判断する


鏡で見る以上に、難しいことですが、これがわかれば、小顔矯正をしたあとの顔の変化が楽しみになります。


小顔矯正をする時に、先ほども説明しましたが、1度で、すべて変化することはありませんし、体を整えることが初回だけで整うことはありません。


さらに小顔になったら、減ったで維持する事ができますか?とか、持続性はありますか?と多くの方に聞かれますが、それは小顔矯正の技術のせいではなく、自分の体の状態に原因があります。


体の崩れが大きければ、持続性はありません。
眠りが浅ければ、維持する事なんてできませんよね。
だから体の調整も必要になるんです。

小顔矯正に入ります。


まず、第一に小顔矯正で顔を小さくするなら、体の調整も必要になります。
でも、初回から色々、体の調整をしてしまうと、ダルクなる事が起きてしまいます。ダルクなるのは揉み返しのようなダルさなんですが、当院のダルさの反応は意味が違います。


小顔矯正で顔しか触っていなくても顔が変化すれば大量のリンパが流れて老廃物が流れていきます。そのため体は触ってもいないのに変化に体が付いていかないとダルクなります。
マッサージの揉み返しは、筋肉みたいな感じですが、当院は変化することから起きるダルさです。


本当に顔が小さくなると言うことは、体の何かが変わるわけですから。
小顔矯正をする時に、体から変える小顔矯正をしている訳です。揉みしだくわけでもなく、発汗させるような小顔矯正でもなく、体を調整したり体を変えることができるから変わる訳です。


小顔矯正をする時には、痛くもなく怖くもなく、顔を無理やり押さえつける矯正ではありません。
顔をマッサージするような感じが一番、近いんですが、マッサージして小顔になることはありませんので、マッサージではありません。


当院の小顔矯正を説明することは、大変、難しいんですが、体を整えると言うように、顔を整える小顔矯正です。


浮腫みや脂肪が増えているのは、顔の体調と言うのがあるとしたら、調子が悪いからです。顔の調子が悪いからなんですが、変な意味に聞こえますが、本当に事実なんです。
もし、顔と言う人がいるとしたら、顔さんの体調が良くないから、浮腫み、脂肪が増えているんです。


体調が良くないと代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。それらが浮腫み、脂肪になり増えていきます。
顔は何も言いませんが、誰だって調子が悪いと、代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。


(顔さんは、わかりやすく説明するために使っているだけです)

小顔矯正したあとは


小顔矯正をしたあとは、もう一度、鏡を見たり、手で触ってもらうことで変化を、お楽しみ頂けます。


この小顔矯正を数回、受けてもらいます。
そのあとには、持続性を向上させたり、維持しやすくするための体質改善をしていきます。
どんなに技術力がある方が、小顔矯正をしても維持する事ができなければ、小顔矯正の意味は半減してしまいます。


小顔を維持することは簡単ではありません。
小顔矯正をしていく時に、顔を維持できないのは、体の崩れと寝不足に原因があります。


どんなにカリスマな小顔矯正の先生が小顔矯正をしても、自分の体に負荷がかかるような事ばかりしていると、維持できるわけありません。


イケメンの先生が上手に小顔矯正をして顔を小さくしても、眠りが浅いような状態では顔だけではなく太りやすくなります。
一度は顔が小さくなったわけですから、維持できないことや持続性が無いのは、本人の体に原因があります。


だから体から変える必要があります。
人の行動は簡単には変えることができません。
人の生活は、変わる事はありません。


だから自分の体を変える施術を必要とします。それが体質改善の施術です。
体質改善の説明ページへ


当院ではボキボキしない痛くない小顔矯正をしています。

小顔になって、維持できる、持続性があるのは、体の状態で違います。
体の状態が良くないと維持できることはありませんので、技術のせいではありません。
だから体も整える必要があります。


カイロプラクティック徳力整体院は30年の経験がありますから、北九州市小倉南区と北九州市小倉北区からも多くの方が予約されています。