便秘とは

北九州市小倉南区と小倉北区で便秘が起きるのは大腸の働きが良くないせいですから、どうして良くないのか、働けないのか原因を見つけて良くすることを体から施術していきます。

当院では腸内細菌やビフィズス菌の問題もあると思いますが、整体の面から便秘を改善することを手伝っていきます。

どうして大腸が正常に働くことができないのか、便を先に送る事ができないのか、どこかに問題があると思っています。

便秘って原因がある訳だから、その原因を変えていくこと
いくら便秘薬や腸内細菌に頼っても、自分の体が最低限、整わないと………

便秘とは


普通は考えてもわかるように、大腸を元気にすることなんてできません。
お腹をマッサージしても大腸は元気になる事はありません。お腹をマッサージしても刺激しているからです。


マッサージをして便が出やすくなる方は、出る場合もありますが、期間限定です。つまり長くは続かないと言うことです。
そんなことをしても、大腸が弱い体質が良くなることもなければ、大腸にたまった疲れが減るとは考えられません。


人が体を動かして、仕事をしたりすることで多くなる疲れの蓄積、料理を作ったり、掃除したり、洗濯ものを干したり、階段を上ったり下りたり、買い物をしたり、荷物を持ったり、歩いたり、車の運転をして多くなる疲れの蓄積、運動したり、筋トレしたり、体操したり、ストレッチしたり、ジョキングしたりすることで多くなる疲れの蓄積などが日々、自分の体に蓄積していきます。

疲れが、どれほど大腸の働きに悪い影響を与えているか?
疲れがたまると弱い部分にたまっていき、大腸を支配する自律神経の働きを悪くして、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを起こすか、と言う問題の方が重要。


しかし疲れの蓄積として、疲れた~と思っても、少しの間しか感じることができません。
疲れることをして、疲れた~と思っても時間にして感じるのは1分から30分くらいです。


あとは、良くなってきたとか、回復したとか、楽になってきたとか思う場合もあれば、多くの場合は、しばらくすると感じなくなるから疲れたことさえ忘れていきます。


疲れと言うのは一度、生み出されてしまえば、ある程度は無くなるでしょうが、多くは残ったままになっています。


疲れが、どのくらい残りやすいのかは、人それぞれで違います。
疲れが、どのくらい残るのかの違いは体質的な弱さで違います。


つまり体全身に疲れがたまりながら、体質的に弱い大腸に多くの疲れがたまっていきます。
日々の生活で多く生み出されていく疲れがたまるばかりなのに減らすことを考えていません。
人は疲れが自然と減ると思っています。


体にも疲れがたまりながら、体質的に弱い大腸に疲れがたまっていきます。
それも日々、多くなるばかりです。


多くなる疲れが、蓄積度合を増していくと限界はありません。
つまり、ここまでしか疲れはたまらないと言う限界です。


つまり、疲れの蓄積は無限大までたまっていきます。
しかも自分の体にです。


疲れが減る割合よりも、増える割合の方が大きければ、蓄積度合は日常で多くなっていきます。
疲れが多くなると、ストレスに変換されていきます。

つまり体質的に弱い大腸で働きが弱いのに、疲れやストレスが溜まる事が原因で大腸が余計に弱っていくと便を前へ送る運動ができなくなり、数日でない便秘になります。


便秘の方はサプリメント、便秘に効果がある薬、便秘薬、運動などをすることは有効化もしれません。
しかし、していなくても出ている方もいます。


この差が大腸が体質的に弱いことと、疲れやストレスの蓄積に関係があります。
その外には病気以外は考えられません。

体質的に弱い大腸を改善する

大腸が弱い体質とは、体質改善と言う言葉がありますが、体質とはコロコロすることはありません。
今より、年齢以上に落ちるだけです。


歳を取るのは1年に1回だけですが、体の年齢は、そうはいきません。
疲れやストレスが多くたまっていると体の年齢は急速に進んでいきます。
体の年齢が進んでいくのに体の中の内臓年齢が固定化されるかと言うと、そんなことはありません。


内臓年齢も疲れやストレスが多くたまってくると、どんどん急速に進んでいきます。
それが大腸で起こります。


つまり大腸が弱い体質は少しずつ、腸自体が進んでいきますが、疲れやストレスの蓄積度合が大きい方は、進み方が早く進行していきます。


疲れやストレスが大腸に多く蓄積していくと、腸も老化していきます。
腸が老化すると働きも落ちて、便をうまく送ることができません。
体質とは老化と同じです。


老化したものがマッサージで働くようになるかと言うと、ならないと思います。
ましてやマッサージすることで、疲れやストレスも取れることも減る事もありません。マッサージは刺激ですから!!


刺激すればするほど気持ち良さはありますが、しばらくすると気持ちよさもなくなります。


日ごろの疲れの蓄積には限界はありません。際限なく、無限大に疲れは弱い部分にたまっていきます。

疲れやストレスを減らす事

疲れやストレスを減らすことが一番、難しく困難を極めます。
疲れやストレスは検査する方法も道具も機械もありません。
便秘になったら
便秘
当院は整体とカイロプラクティックの治療で体を整えて便秘を改善していく方法で根本から良くしていきます。
便秘を薬で間に合わせをするものではなく原因から変えていく方法です。


便秘で便が出ない、便が固くなる、お通じが上手くいかない、便秘の薬ばかり飲んでいるなどの症状は、体調と体質から改善していくと困らなくなります。

便秘体質の方が体調を落とすと腸はうまく働きません。

体調が悪い時には、自律神経のバランスや腸を働かす力(ちから)が落ちています。


便秘を解消するには薬ではなく
便秘体質の方が、体調を落として体の調子を悪くすると便は先へ送られてきません。

又は、水分を取られ過ぎて便が固くなっていきます。

便秘は体質が、からんでいますので体質から改善していく必要があります。

体調だけ良くしても便通が一時的に改善される方もいますが、また、体調を落としていくと同じことが繰り返されるので、繰り返さないようにしていく事を考えましょう。

その為には、腸の体質改善をしていく必要なありますので、体調だけではなく、体質改善、アンチエイジング(若返り)の施術まで受けるようにしてください。

便秘腸が弱いから便秘に


便秘体質と言うのは、簡単に説明すると腸が弱いから起きる症状です。腸が弱いとは、腸の働きが低下していると言う事です。腸の働きが低下すると便を送り出す、ぜん動運動が上手く機能しません。機能ししない方が便秘になります。腸が便を前へ前へ送ることができないと、出てきません。

腸が元気だから、便は良く働いて便を出すことができます。そうすると便秘にはなりません。dから、体調を上げて体を元気にすることで自律神経の働きも良くなるし腸自体も元気なれば働きやすくなると思います。そうすることによって便秘は解消されていきます。

体調で腸とは

体調が悪いと、骨盤の歪みが起きています。骨盤は腸を中に収めているものなので、骨盤が歪みを起こすことで腸も影響は受けて働きが低下していきます。体調が落ちていると、骨盤の歪みや背骨のズレも起きています。
体調とは
体調が悪くなるとは、疲れやストレスの蓄積で低下していきます。誰でも、どこでもある疲れやスト
レスは、一生つきまといます。離れる事が出来ないので、疲れやストレスです。疲れやストレスの軽いうちは自力でも減らすことができますが、多くなると自力解消は困難になります。


このイラストのように疲れやストレスがたまると、体の歪みは起きるし、骨盤も開いたり、歪みを起こしたり、背骨もズレていきます。

骨盤の歪みから便秘になることも 骨盤が歪みを起こして腸の働きが悪くなっていくので疲れやストレスは大変なことを起こしていきます。


そして
自律神経は背骨の所から出てきます。背骨が歪みやズレを起こしていくと、自律神経は、それだけでもしっかりとは働いてくれません。自律神経は、腰痛でもバランスが崩れるし、肩こりでも自律神経は崩れています。少しの狂いが色々なトラブルに見舞われます。

自律神経

自律神経は内臓を動かす神経です。内臓を働かせたり抑えたりしている神経です。自律神経が失調状態になると、腸も働きが低下してしまいます。

腸を動かす命令が届きません。腸は命令がきて、働いています。その命令が来ないと腸は休眠状態になります。休眠状態が長いと、腸にとどまり過ぎると便は固くなります。
便秘は
便秘は女性に多い症状です。男性よりも圧倒的に女性に多く起きています。男性はどちらかと言うと下痢が多いですね。便秘と体調の関係がお分かりいただけたと思います。体調が落ちると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレ、自律神経の働きの低下、腸の働きの低下が起こります。これが便秘の原因ですね。
しかし、
体調が落ちても便秘にならない方もいます。いくら体調が落ちても、同じ女性でも便秘にならない方がいます。この差は、体質です。

体質的な悪さ、弱さが関係して便秘になっています。
体質改善で腸を変える
当院には、特殊な施術で体質改善と言う施術があります。この施術は、腸自体を若返りさせる施術です。体質的に腸の問題がある方は、生まれつきです。

生まれつき腸が弱いから、歳をとることで腸は働きがもっと悪くなっていきます。

年齢を重ねる事で、少しずつ腸の働きが悪くなります。これが便秘になっていきます。

腸は1年に1回だけ歳をとることはありません。年間に関係なく「とし」をとっていきます。これが老化ですが、腸も見た目に関係なく、また、内臓も老化していきます。 

内臓の老化が腸に起きれば腸は働きが悪くなります。
老化と言うのは嫌なことですが
老化は誰でもあります。しかし見た目の年齢に関係なく体の中はガタガタと言う方もいます。実年齢は若くても、腸が老化していれば便秘になりますから。

この老化が働きが悪い状態にしています。しかも、体調が落ちた時に余計に腸の働きを悪くして便秘を起こしています。
ですから、


当院では体調を上げて働きを良くなるところまで持っていくことで、体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術をやりやすくしていきます。体質改善の施術は体調が良くないとできません。体質改善、アンチエイジング(若返り)の詳しい説明は、専門のページで


腸を動かす神経の自律神経です。小さくてわかりずらいと思いますが、一番下の骨盤のあたりに神経があります。